社会福祉法人 天祐会

施設紹介−特別養護老人ホーム広尾苑




開設 平成22年2月
千葉県と東京都を結ぶ今井橋のたもとに位置し、隣接地には市川市防災広尾公園があります。都の中に緑あふれる施設ができました。老人福祉施設と保育園の合築建物というユニークな施設です。天祐会がこれまでに培ってきた経験に基づき、理想的な施設を具現化しました。

南行徳の新しい施設

広尾苑は、都市化の進む南行徳と、江戸川区の一之江のほぼ中間に位置しております。
全室ユニット型(個室)で、50名の定員となっております。


特別養護老人ホームの概要


65歳以上の者であって、身体上又は精神上著しい障害があるために常時の介護を必要とする者(いわゆる要介護老人)であり、居宅において適切な介護を受けることが困難な者を入所させる施設。

サービスの内容


寝たきりや痴呆症など介護を要する方に、食事、入浴、排泄、寝起きなど日常生活のお世話や健康管理が行われます。

入所できる方


要介護状態にある65歳以上の方 。40〜64歳の方でも、老化にともなう特定疾病が原因で常時の介護が必要と認定された場合、サービスが受けられます。

特別養護老人ホーム広尾苑概要



施設の種類
指定介護老人福祉施設 千葉県第1970802729号
施設の名称特別養護老人ホーム広尾苑
施設の所在地千葉県市川市広尾2-3-1
連絡先047-390-2727(電話) 047-390-2777(FAX) 
(E-mail)hirooen@tenyuukai.jp
施設長藤崎 さとみ
施設の運営方針「家庭的」「笑顔」「自由」をケアの3本柱とし、ご利用者が、「安全
に」「安心」して生活ができる よう「御利用者第一」と「心」のサービ
スを提供する。
開設年月日平成22年2月1日
定員ユニット型(個室)50名


ユニット型(個室)

ユニット型介護老人福祉施設(定員:全室個室で50名)

ユニット型とは、10人程度の入居者が1つのグループ(ユニット)から構成され、入居者、職員が共に生活をしていく型。

集団的生活から脱却し、個々の生活を重視したケアをし、職員が生活をサポートしていく方法家庭的な空間を主とし、入居者にとって自宅との環境をあまり変えずに生活ができる雰囲気つくりを目指しています。

時間にも縛られない生活環境を提供いたします。10人が1つのグループ(ユニット)となって生活をされております。昔でいう大家族をイメージしていただければわかりやすいと思います。


ユニット型居室内部、団欒スペース


左から浴室、居室外部のバルコニー